海外在住の初心者でもブログで稼ぐ★ネットで金髪アフィリエイト!

ネットでブログを使って稼ぐ方法を中心に、海外在住でも稼ぐいろんなネタを紹介しちゃいます。

リリーおじいちゃんのAmazon秘話「梅」


こんばんは。リリー夫です。
(↑今夜3回目のこんばんはです。記事、一気に書いてるので、、)

え〜、すでにご存知かと思いますが、

今日は3夜連続シリーズ(予約投稿シリーズ)の最終回です。

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

記事3つ書くだけでヒーコラ言ってるようでは、

無料レポート出すのは当分先になりそうですね。。。(汗)


だいぶお酒もまわってきています(笑)

すでに前振りをするパワーが無くなってきているので、

すぐさま本編にいっちゃいましょう!

前の2記事を読んでない方は先に↓↓↓をお読みくださいね♪

リリーおじいちゃんのAmazon秘話「松」

では、頑張りましょう!(←何を?!)


〜リリーおじいちゃんのAmazon秘話「梅」〜


これは今から40年後のお話です。

リリー孫:
「おじいちゃん、今日こそはAmazonで稼ぐ戦略、教えてね!」

リリー祖父:
「おぉ、そうじゃったの。。復習はちゃんとしたかの?」

【スマイリー式】知らなきゃ損する!Amazonアソシエイト・プログラム徹底活用マニュアル(完全図解版)

リリー孫:
「うん、今日も2回読んじゃったよ!特に55ページ付近はちょっと秘密の情報だよね!」

リリー祖父:
「おぉ、良く読んでおるのぉ。。それなら、今日の話もわかるはずじゃ。では、始めるとするかの。。。」


Amazonの「ぱふぉーまんすぷらん」は、

販売した商品数によって紹介料率が上がる、という話は昨日したの。

実は、これがミソなんじゃ。


物販というのは、高価な商品を売れば売るほど高い報酬がもらえるの。

これは、ほとんどの商品が紹介料率が1%の楽天ならば、高価な商品を紹介していくという方法もありじゃろう。

まぁ、楽天はクッキー狙いの人が多いと思うがの。。。


Amazonの場合は少し違った戦略を取った方が賢いんじゃよ。。

どんな商品であれ、売った点数によって紹介料率が上がる。

ここをしっかりと考えてみるといい。


答えを先に言うとな、、、

1.売れると報酬が大きい物を取り扱うサイト、これは家電製品が代表的じゃな。。(以後、サイトA)

2.報酬額は気にせずに、販売点数を稼ぐサイト(以後、サイトB)


の2本柱で運営していくと効率が良いんじゃ。

サイトBで、どんどん商品を売り、紹介料率を上げる戦術を取るんじゃ。

平行して、サイトAで物を売る。サイトBほど、物を売れる回数は頻繁じゃないだろうが、1つ売れると報酬は大きいからの。

サイトAを活かすには、サイトBのような存在が必要じゃな。


ん?どんな物が売れるかわからないといった顔をしとるの。。。

これはシンプルに考えていいんじゃないかの。。

自分がAmazonで何を買うか、を考えると答えは見えてくるの。。

そう、本やCD、DVDじゃ。

その中でも、わしは本をお薦めしとる。

というのも、、わしは本をAmazonで一番頻繁に買う、

それだけの理由じゃ。

Amazonは一番大きいネット本屋だしの、、

売れる確率も高いわい。。

さらに、Amazonの特徴を一番活かせるのが本の販売だからの。。


ん?なぜ本の販売が良いかじゃと?


それはな、、


本はまとめ買いされやすいんじゃ


海外在住者なんて、海外への送料が高くて何度も注文できないからの。

10冊以上まとめ買いすることは、ざらじゃよ。

日本にいても、2〜3冊はまとめ買いするんじゃないかの?

1,500円以上は送料が無料だしの。。

くれよんのくろくん』も、1,500円以下じゃ。

そうなると、もう1冊注文して送料無料にしようと思うからのぉ。

まとめ買いだと、一人の人が買っただけでも販売商品の点数は2、3、運がよければ5点ぐらい稼げることもあるからのぉ。

これでサイトBからはどんどん商品が売れていくわけじゃ。


商品が売れると紹介料率も上がる、

紹介料率が上がれば高価な商品を売った時に報酬が増える、


と良いことずくめじゃな。

これがAmazonで稼ぐための戦術じゃよ。


特徴を上手く利用してやると、それだけ稼げるのもはやくなるの。。


リリー孫:
「zzzzzz...」

リリー祖父:
「おやおや、今日は眠ってしまったようじゃの。。肝心な部分を聞き逃すとは、詰めの甘さはわし譲りじゃわい。。」


〜リリーおじいちゃんのAmazon秘話「梅」〜

(了)


いかがでしたか?

一応、無料レポートで出しても恥ずかしくないレベルのノウハウは出したつもりです。

実際、これである程度結果がでてるんで、
それほど間違ったやり方ではないと思います。

皆さんもぜひAmazonのアフィリエイトに挑戦してみてくださいね♪

また、なんか思いついたらリリーおじいちゃんシリーズやるかもしれませんので、お楽しみに^^

あ〜、疲れました。すぐ寝るとします。。

明日からはコメント欄に顔を出せる予定です!
この期間中、応援してくださった皆さま、ありがとうございました!


ではまた明日〜(←多分。。。)


人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村






リリーおじいちゃんのAmazon秘話「竹」


こんばんは。
リリー夫です。

というわけで、今日も予約投稿です。

多分、皆さんがこれを読むころには仕事に忙殺されていることでしょう。。

あぁ、、数日後の自分、頑張れっ!(笑)

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

え〜と、今日は3夜連続の第2話目ですね。

この3話、一気に書く予定なんですが、

2話目にしてすでに疲れてきました。。(汗)

記事書くのって実はエネルギーいるんですね!
毎日、のらりくらりと書いてると意外と気づかないですが。。

昨日の記事を読んでない方は先に↓↓↓をお読みくださいね♪

リリーおじいちゃんのAmazon秘話「松」(別窓)

では、今日もはりきっていきましょー!


〜リリーおじいちゃんのAmazon秘話「竹」〜


これは今から40年後のお話です。

リリー孫:
「おじいちゃん!昨日の続き、はやく聞かせてよ〜!」

リリー祖父:
「はて、、なんだったかの。。初報酬の話じゃったかの?」

リリー孫:
「違うよ〜。それはずっと前に聞いたよ〜。ほら、今日はAmazonのお話の続きを聞かせてくれる約束だったよね!」

リリー祖父:
「おぉ、そうじゃった、そうじゃった。Amazonの話だったの。。」

リリー孫:
「Amazonで稼ぐための戦略と、楽天に無いAmazonの魅力はまだ聞いてないよ〜」

リリー祖父:
「そうじゃったの。じゃあ、今日は楽天に無いAmazonの魅力についてのお話をしよう。その前に、昨日おじいちゃんが薦めた本はちゃんと読んだかい?」

【スマイリー式】知らなきゃ損する!Amazonアソシエイト・プログラム徹底活用マニュアル(完全図解版)

リリー孫:
「うん!ばっちり!3回も読んじゃったよ!」

リリー祖父:
「よしよし、良い子じゃの。。じゃあ、始めるとするかの。。」


まずは先に楽天の話をした方がわかりやすそうじゃの。。


楽天にはな、すごい魅力があるんじゃ。

それは「クッキー」と呼ばれているものでな。。。

なんと、おじいちゃんが紹介してお店に入ってくれたお客さんが、その日は買わなくても、30日以内にそのお店で買い物をすれば、おじいちゃんに紹介報酬がもらえるんじゃ!

これは凄いぞ。。

おじいちゃんは楽天の腹巻きをお客さんにお薦めしてお店に入ってもらったのに、数日後にお客さんが冷蔵庫を楽天で買っても紹介報酬がもらえるからの。。


これが、楽天のクッキーの威力じゃ。

はて、Amazonにもクッキーはあるんじゃがの。。。

楽天の30日に比べると随分と短いの。。

Amazonのクッキーは24時間以内なんじゃよ。


なかなか24時間以内にお客さんに買ってもらうのは難しいのぉ。

よっぽど営業が上手い販売員か、

よっぽどお客さんが急いでいる場合以外には、

ちょっと厳しいかもしれんの。。


そんな理由もあって、楽天を紹介する人がたくさんいるわけじゃな。

じゃがな、、たくさん紹介する人がいると言うことは、それだけの競争も覚悟しなければならんの。。

例えば、おじいちゃんが紹介してお店に入ってくれたお客さんが、

他の人に紹介されて再度お店に入った場合、もうおじいちゃんの紹介報酬にはならんのじゃよ。

そういう意味ではAmazonは楽天よりも競争が少なかった。。

更にAmazonは楽天よりもクッキーが短い分、紹介報酬は良かったんじゃよ。

Amazonには「ぱふぉーまんすぷらん」というものがあっての。

品物を売った数によって、紹介料が変わってくるんじゃ。

最初は1%だがな、売れば売るほど紹介料率が上がって、

最終的には6%にもなるのじゃ。これは楽天の6倍じゃ。

これがAmazonの魅力じゃな。


これを見逃さない手はないの。。

Amazonには世界一大きなネット本屋さんとしての信頼性も抜群じゃ。

やはりお客さんは信頼できる場所から買いたがるからの。。


これはわしの考えじゃが、、

Amazonは「あふぃりえいとの基礎をつくった」という自負がある。

昨日紹介した

「アフィリエイトのはじめの物語 ジェフ・ベソスの見た夢」

にもその辺の話がのっていたじゃろ?

Amazonはコロコロと計画や制度を変更することはないはずじゃ。


逆に、楽天は今のサービスが良すぎるからの、、、

いつ変更になってもおかしくないと思っとる。


そういう意味でも、楽天のみを使ってネットにお店を開くのは、いささか危険と言えるかもしれんな。

人生では最悪の事態も想定しておかなければいかんからの。

もし楽天のクッキーが24時間に変更になった場合、

皆、大変だ、と騒ぐじゃろうな。。。

ただし、Amazonを平行してやっている連中には、それほど痛手にはならんかもしれない。

24時間でさばける売り方を学んでいるはずじゃからの。。

「うさぎとカメ」じゃないが、ずっと寝ていてお金が入ってくるなどと考えてはいかんぞ。

いざという時のために、常に準備をしておくことも大事じゃな。。。


リリー孫:
「ふ〜ん、なるほどね!わかってきたよ!」

リリー祖父:
「おぉ、そうかい。。賢い孫を持っておじいちゃんは幸せじゃ。。」

リリー孫:
「でもさ、おじいちゃん。Amazonを使うことで、楽天の制度が変更になった時に対処できるっていう事はわかったけど、、、昨日おじいちゃんが言ってたAmazonで稼ぐ戦略っていうのがまだわからないんだけど。。」

リリー祖父:
「おぉ!そうじゃったのぉ。肝心の部分が抜けておったの。。おじいちゃんは若い頃から詰めが甘いと近所でも評判じゃったからの。」

リリー孫:
「僕も、隣のおばちゃんに、「詰めが甘そうなお坊ちゃんね」って昨日言われたよ!ちょっと嬉しかったんだ♪」

リリー祖父:
「孫よ、、、それは褒め言葉じゃないぞ。。詰めの甘さは勉強で解決できるということを覚えておくんじゃぞ。明日までに昨日の本、もう一度読めるかの?」

【スマイリー式】知らなきゃ損する!Amazonアソシエイト・プログラム徹底活用マニュアル(完全図解版)

リリー孫:
「うん、わかった!もう一度読んでみる!じゃあ、お休み!明日のお話も楽しみだな〜♪」


〜リリーおじいちゃんのAmazon秘話「竹」〜

(了)


あぁ、、疲れた。。

気合入れてもう1記事書くぞ〜。

いよいよAmazon秘話もフィナーレへ!


Amazonで稼ぐ戦術をおじいちゃんが大暴露!

リリーおじいちゃんのAmazon秘話「梅」へ続く!


では、また明日〜。


お返しには行けないかもしれませんが、コメント欄に感想等いただけると、とても嬉しいです!

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村


リリーおじいちゃんのAmazon秘話「松」


こんばんは!リリー夫です。

今日から予約投稿3連発です。

ちょっと皆様のところに遊びにいけるかはわかりませんが、

時間の許す限り訪問したいと思っています!

よろしくお願いします。

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

というわけで、題名にもあるとおり、

りりーおじいちゃんシリーズの第2弾ですね。

今回はAmazonアソシエイトについてだそうですよ。

リリーおじいちゃんの前回の昔話は↓↓↓(別窓)

リリーおじいちゃんの昔話「前編」


〜リリーおじいちゃんのAmazon秘話「松」〜


これは今から40年後のお話です。

リリー孫:
「おじいちゃぁ〜ん!Amazonで注文した『くれよんのくろくん』がやっと届いたよぉ〜!」

リリー祖父:
「おぉ、よかったのぉ。。良い絵本だからしっかり読むんじゃぞ。。」

リリー孫:
「うん、ありがとう、おじいちゃん!でも、誕生日まであと3日あるからそれまでは本を開かないことにするよ!やっぱりプレゼントは誕生日に楽しみたいからさ!」

リリー祖父:
「そうかい?でも、まだ寝る時間にしては早すぎるしのぉ。。」

リリー孫:
「じゃあさ、せっかくだからAmazonのお話を聞かせてよ!おじいちゃん、何か知ってる?」

リリー祖父:
「おぉおぉ、知っとるよ。じゃあ今日はAmazonのお話をしようかの」

リリー孫:
「わ〜い!はやく聞かせてよ〜!」

リリー祖父:
「そうかい。じゃあ、始めるとするかの。。」


Amazonというのはな、世界一大きいネット上の本屋さんじゃ。

近所の木村書店にもたくさん本はあるんじゃがな、、、

本は場所を取るからの。。それをネットを使って販売しだしたのがAmazonなんじゃよ。

本を探したい人はAmazonにいって検索すれば、すぐに欲しい本が見つかる仕組みじゃ。。便利じゃぞ。。

Amazonはいまや百貨店のように色々な品を売っているが、

もとはネット上の本屋さんだったわけじゃ。


それがあることを思いついたことで、

一気に世界一大きいネット本屋さんに成長したわけじゃな。。


そのあることはな、この

「アフィリエイトのはじめの物語 ジェフ・ベソスの見た夢」

に詳しく書いてあるから読んでみると面白いぞ。。


それでな、おじいちゃんもAmazonを使って稼ぐことを決心したんじゃ。

なにしろ世界一大きいネットの本屋さんが後ろにいるわけじゃからの、そりゃぁ、百人力じゃわい。

実際、Amazonを使ってみるとな、思っていたよりもずっととっつきやすいんじゃな。

ただし、ちょっとした戦略が必要になってくるかもしれんが。。


リリー孫:
「え〜、でもネットで物を売るには楽天がいいって聞いたよ。東北楽天イーグルスはこの前、球団創設以来、42年連続Bクラスで一場監督が辞めたっていうのはニュースで見たけど。。。」

リリー祖父:
「そうじゃな、楽天もいいんじゃが。。Amazonには、楽天が持ってない魅力があるからの。これを無視するのは大きなチャンスを逃していることになるな。。」

リリー孫:
「ふ〜ん。そうなんだ!じゃあ、はやく続きを聞かせてよ、おじいちゃん!」

リリー祖父:
「もう遅くなってしまったのぉ。続きはまた明日にするかの。。。」

リリー孫:
「え〜!気になって眠れないよ〜」

リリー祖父:
「そうかい?じゃあ、明日までにこれを読んでおくといい。これを読まないと、明日からのお話はちょっと難しくなってしまうからの。。」

【スマイリー式】知らなきゃ損する!Amazonアソシエイト・プログラム徹底活用マニュアル(完全図解版)

リリー孫:
「うん、わかったよ、おじいちゃん!頑張って全部読むね!あ〜、はやく明日が来ないかなぁ。。じゃあ、おやすみなさい!」

リリー祖父:
「おやすみ。。風邪引かないように毛布はちゃんとかけるんじゃぞ。。」


〜リリーおじいちゃんのAmazon秘話「前編」〜

(了)


ん〜、長くなってしまいました。。

皆さんが最後まで読んでくれたことを祈ります(汗)


Amazonで稼ぐ、ちょっとした戦略とは?!

楽天には無いAmazonの魅力とは?!


リリーおじいちゃんのAmazon秘話「竹」に続く!


では、また明日〜!

お返しには行けないかもしれませんが、コメント欄に感想等いただけると、とても嬉しいです!

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

リリーおじいちゃんの昔話「後編」


こんばんは!リリー夫です。

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

本日は予告どおり、

リリーおじいちゃんの昔話「後編」をお楽しみください。

前回の記事は↓↓↓です。

リリーおじいちゃんの昔話「前編」


今から40年後のお話です。


〜リリーおじいちゃんの昔話「後編」〜


リリー孫:
「おじいちゃん、この前の続きを聞かせてよ!」

リリー祖父:
「はて、どの話だったかの、、、」

リリー孫:
「ほら、おじいちゃんの初報酬のお話!まわりはみんなスゴイお店ばっかりで困ってたところに、おじいちゃん「ある事」を閃いた、って所までは聞いたよ。」

リリー祖父:
「おぉ、初報酬の話じゃったの。。今日は眠らずに最後までしっかり聞くんじゃよ。」

リリー孫:
「うん、わかったよ、おじいちゃん!はやく続きを聞かせてよ〜」

リリー祖父:
「そうかい。じゃあ始めるとするかの。。。」


おじいちゃんのお店のお客さんは玄人さんばかりでな、、

周りのお店もそれぞれの特徴を活かして繁盛しておった。。


おじいちゃんも何とか頑張ろうと必死に考えての。。

でも、オマケの数でも知名度でもおじいちゃんのお店は圧倒的に劣っていたからの。。。

普通にやっていては勝てないことは明らかじゃッた。。

でもな、そんな時、「ある事」を閃いたんじゃよ。。


その「ある事」とはなぁ、、

皆と違う場所からお客さんを連れてくることじゃ。


当時は「らんきんぐ」というものが盛んでな、、

お客さんは楽しいお店やスゴイお店に投票するんじゃな。

投票されたお店は人気度が上がっていく仕組みになっておってな。

人気度があがると、人目につきやすい一等地にお店を構えられるんじゃな。


おじいちゃんのお店もそれなりの場所にお店を構えていたからの。

お客さんはたくさん来ておったんじゃよ。。

でも、売れない。。それは周りにはすべて同じような物を売っているお店だったことが原因じゃな。

だから目立たないし、
お客さんも自然と玄人さんが集まってくるわけじゃ。

玄人さんはどのお店のオマケが魅力的かを知っているしの。。

お店には来てくれるが、買うのは別の場所、

と決めているわけじゃよ。


もちろん、玄人さんを納得させるだけのサービスを提供できなかったおじいちゃんにも責任はあったんじゃがな。。

新入りは色々と厳しいわい。


そこで、おじいちゃん、お店を引越ししたんじゃよ。

人気はあったからの。別の商店街の一等地にお店を構えた。
もちろん、おじいちゃんのお店で扱っているサービスと少しは関連のある商店街じゃよ。

そこはまだ、おじいちゃんが扱っているような商品を売るようなお店がなくて、たくさんのお客さんが興味を持ってくれてな。

もちろん、
おじいちゃんが売っている商品の専門商店街ではないからの。

お店に入ってすぐに出て行ってしまうお客さんもたくさんいた。


逆に、興味を持って色々と店内を見てくれるお客さんもおった。

興味を持った濃いお客さんばかりが来るわけではないからのぉ。
セオリーからは外れておったと思うの。。


でもな、その商店街ではおじいちゃんがその商品に一番詳しかったわけじゃよ。

しかも、場所は一等地だったからの。。

手紙でお客さんから相談もされたが、誠実にお答えしているとおじいちゃんのお店から買ってくれる人がちらほらと出てきたんじゃ。

おじいちゃんを信頼して買ってくれたんじゃ。

あの時は嬉しかったのぉ。。

物が一度売れるとな、不思議なことに買ってくれたお客さんのためにも、もっともっと良いサービスを提供しようという気持ちになってくるわけじゃ。

そうやって、お店が少しずつ繁盛しだしたんじゃよ。。。


リリー孫:
「zzzzzzzz.......」

リリーおじいちゃん:
「おや、また眠ってしまったようじゃの。。
今度また、別のお話でもしようかの。。」


リリーおじいちゃん:
「お〜い、ばあさんや、メシぁ、まだかい?」


〜リリーおじいちゃんの昔話「後編」〜


(了)


長い記事で皆様を疲れさせてしまったかもしれません。。

簡潔化に努めます。。


思ったよりおじいちゃんシリーズが好評なので、
また機会があったら登場させるかもしれません^^

なんか、この3日間で、

今まで培ってきたブランディングがリリーおじいちゃんに乗っ取られた気がするのは私だけでしょうか(汗)


明日は金曜日(日本時間土曜日)恒例のアレですね。

では、また明日お会いしましょう!

いつも応援ありがとうございます。
一等地から立ち退きされないように頑張ります♪

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村







リリーおじいちゃんの無料レポート紹介


こんばんは!リリー夫です。

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村


今日はちょっと予定を変更して、記事を書きます。

なんかいつも予定変更してますね(汗)。
わざとやってるわけではないんですが、、


今日の記事にも、リリーおじいちゃんは登場するのでご安心ください。

なお、りりーおじいちゃんの昔話「後編」は明日必ずアップします♪


昨日の記事、リリーおじいちゃんの昔話「前編」で、
謎のコメントを残した方が2人。。


tavathaさん

>凄い!最初はキャラメルの宣伝の画像が浮かびました!


ブルースメ〜ン♪さん

>あのキャンディーのCMの映像が思い浮かびました☆
>あのCMは大好きなんですよ♪ヴェルタースオリジナル!


「ん?キャラメルの宣伝?」

「キャンディーのCM??」

「ヴェルタースオリジナル???」


という事で探してみたら、、、

ありました(笑)


まだこのCMを見たことがない方は↓↓↓から見れます。
(アフィリリンクではないので、安心してご覧ください♪)
このCMを先に見ていただくと今日の記事は2倍楽しる、、はず。

森永ヴェルタースオリジナルのCM

う〜ん、良いCMだ。。


と前振りが長くなりましたが、今日は無料レポートをご紹介します。

せっかくだから、リリーおじいちゃんに紹介してもらいましょう。

40年後の世界からタイムスリップして、リリーおじいちゃんが来てくれています。


〜リリーおじいちゃんの無料レポート紹介〜


リリーおじいちゃん:

Sukoyakaさんがくれた、初めてのオリジナル無料レポート。

それは

『情報商材アフィリエイトで稼げないアナタが成功を勝ち取る方法』

で、私は26歳でした。

その内容は、わかりやすくて役立って、こんな素晴らしい無料レポートをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。

今では私がおじいさん。

皆さんに紹介するのはもちろん

『情報商材アフィリエイトで稼げないアナタが成功を勝ち取る方法』

なぜなら、皆さんもまた、特別な存在だからです。」

〜リリーおじいちゃんの無料レポート紹介〜

(了)


だ、だめだ、、リリーおじいちゃん、CMを丸パクりしてるし。。(汗)

しかも、口調が昨日と違うじゃんか!

著作権的にキワドい?ので勘弁してくださいよ(泣)

こりゃぁ、明日の昔話「後編」も期待できなさそうですね。。。



というわけで私、リリー夫がちゃんとご紹介します(笑)

お友達、Sukoyakaさんの無料レポートです!

新しいキャッシュポイントを見つけたい方、

アフィリエイトで収入がなかなか上がらなくてモチベーションが下がり気味の方、


必見の無料レポートです。

このレポートで紹介されている「●●●」は3ティアという好条件!

このサービスを使って100万円以上稼ぎ出している方もいますね。


文字も大きくてスラスラ読めてしまいます。

自分で稼いでも良し、他の人に稼いでもらうも良し。

夢は広がりますね♪

自分で稼ぐ分にはブログも、メルマガも必要ないのでちょっとした
小遣い稼ぎにも使えますよ!


無料レポート:
「情報商材アフィリエイトで稼げないアナタが成功を勝ち取る方法」


明日はいよいよ、リリーおじいちゃんの昔話「後編」です!

では〜。


いつも応援ありがとうございます。

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

リリーおじいちゃんの昔話「前編」


こんばんは。リリー夫です。

今日、犬の散歩をしている時に、
中学時代に音楽の授業で聞かされたシューベルトの「魔王」を思い出しました。

後にも先にもあれほどインパクトのある曲は現れないだろう、、、

というどうでもいい前振りです(笑)

人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村

今日のお話は今から40年後のお話です。。



〜リリーおじいちゃんの昔話「前編」〜


リリー孫:
「おじいちゃん、また昔のお話聞かせてよ〜!」

リリー祖父:
「よしよし、今日は何の話がいいかのー。」

リリー孫:
「じゃあ、言ってた初報酬のお話を聞かせてよ!まだ話してもらってないよ!」

リリー祖父:
「お、初報酬の話かい?
ちょっと長いけど、しっかり聞くんじゃよ?」


あれはブログを初めて数週間経った時のことじゃった。。

その頃、日本は不況の抜け道が見えないと言われていての、、

将来の予測がつきにくい時代だったんじゃ。

おじいちゃんも不安でな。。

海外に住んでいたが、将来のためにやれることはやってみようと思ったわけじゃ。

先が見えない時期だからこそ、
挑戦することに意義があったんじゃな。

暗い空でこそ星は光り輝くじゃろ?


でもなぁ、

なにしろブログを真剣にやるのは初めてでの、、

何もかもが新鮮じゃった。

真ブログ解体新書 という教科書を買っての。

これがまた良い本じゃったよ。おじいちゃんは何回も読み直したよ。

でな、いきなり商品を売り込むのも人様に悪い気がしての。。

自分がしっかりと内容を理解するまでは紹介しまい、
と決めてたんじゃ。

でもなぁ、やっぱり数週間もするとウズウズしてきての。


報酬がないとやる気も出んしのぉ。
段々、このままのやり方で良いのかわからなくなってくるんじゃ。

人間は弱いからの。。

しかも周りには優秀な人がたくさんおった。


商品の特徴を説明するのが上手い人もおれば、

コミュニケーションが上手で皆を引っぱっていくような人、

太っ腹でたくさんオマケを付けている人もいたな。


これじゃあ、おじいちゃん、ダメだと思ったよ。。

おじいちゃんのお店から誰が買ってくれるんだろう、ってな。

新入りだったから、信用なんてあまり無かったしの。


普段は頑張って皆を喜ばせようとしてたんだがの、、

人様もお金を払うわけだから、こう簡単には買ってくれんのじゃよ。。

お客さんは皆、その道に詳しい玄人さんばかりだったからね。

そんな時に、別の良い本に出会ってな。

爆転
という本じゃった。

この本からは戦略の重要性をいやというほど学んだの。



それを元に、おじいちゃん考えたわけだ。

おじいちゃんから買ってくれる人はどんな人だろう、ってな。


良い考えなんて、なかなか思い浮かぶもんじゃない。

でもな、考えてやってみることに意味があるんじゃ。

やってみてダメだったら、次に別のことを挑戦すればいい、ってな。


そう思うと気が楽になっての。

スー、と何かが頭に入ってきたんじゃ。

そして、「ある事」が閃いたんじゃ。これをやってみよう、っての。

その「ある事」とはな、、、



リリー孫:
「zzzzzzzz........」

リリー祖父:
「おやおや、眠ってしまったようじゃの。。じゃあ、続きは明日にするかいの。夜更かしはこたえるわい。。。」


〜リリーおじいちゃんの昔話「前編」〜

(了)


今日はネタがなかったので、前編と後編にわけました(汗)

期待しないでくださいね、明日も(笑)

最近、ネットの調子が悪くてイライラです。
週末にまた停電したし、、、これでもヨーロッパか〜!

おじいちゃんの昔話「後編」は↓↓↓

リリーおじいちゃんの昔話「後編」


人気Blogランキング

ブログランキング にほんブログ村


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。